ファンタジーアースファンタシースターユニバースファンタシースターオンライン日常など絵とか漫画とか昔の絵とか
よもやま話とかゲーム日記とか。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.08.27 Mon

近のアイシールドは何というか…。読んでいて虚しい。
我王の肉付けが急ごしらえすぎる。どう考えても泥門
が勝つ展開ですけど、勝ったら勝ったで使い捨てに
された皆は浮かばれまいよ。成仏もできまいよ。
(殺さない)

誰も勝てないから最強だから倒したらスゲーぜそして勝つ
…っていう展開は阿含で一回やってるし。その阿含を
叩き台にしてかつ主役ライバルのの進も倒した末の
最強キャラがポっと出の肉ダルマというのは な…

脇役の試合が幾ら何でもおざなりすぎる。昔は
それがスピード感に繋がってたんですが、全て泥門の
直接対決だけで話組めた序盤と違い、トーナメント戦の
今は周囲の描写で肉付けするしかなかろうのに。

はじめの一歩を見習って欲しい物です。スラムダンクでも
やってたじゃろ、…えーと…どっかと?どっかの戦い?
(覚えてないんですか)



アイシールドの原型のスラダンは兎も角、突然
一歩とか言い出したのは最近読み返しているからです。
その時影響受けてる物がすぐに出ます。単純。

いやー 無理矢理に全試合名勝負、マンネリ
扱いされちゃったりもするご長寿漫画ですけど…、改めて
読むとやっぱマジ面白いわ。18年やっててなお試合
での描写がどんどん勢いを増していくのも凄え。

18年で80巻。

全日本新人王が13巻、
伊達とのタイトルマッチ決着が22巻、
デンプシーロール習得が24巻、
日本タイトル獲得が30巻、
木村のドラゴンフィッシュブローが32巻、
伊達がマルチに殺されたのが38巻、
鷹村vsホークのバトルオブホーク決着が44巻、
vs沢村のデンプシー潰し返し返し返しが55巻、
間柴vs沢村の魔物対決終了が74巻。

こう見てくとやっぱり好試合は前半に多いかな…って気は
してきますけど、後半でパワーが落ちてるかっていうと
そういう感じでもないね。一気読みする限りでは。

用意しやすい大舞台が前半で終わってるんですよねー。
ストーリー上でもさんざん言われてますが、次の目標を
探すのが難しい状態でよくやってけてるもんですに。



しかし されど 18年。いい加減ジョージ画伯も
新しい引き出し探しに難渋しているのは感じますね。
どの試合も名勝負にしないと気がすまないひとだからなー

一歩がマルコム某に苦戦するとか意味がわかんねえ…!
とか思いますがどうせ最後はゴギンッ…とか言いながら
殴り倒すので溜飲下がっちゃうんだよ。ずるいよな。

というか一歩が在る所為で、その後に出てきた
ボクシング漫画はダイナマイトパンチの線は捨てざるをえず
パンチ弱いけど切れる(…)等ニッチな路線で頑張る
しかなくなってまして相当おかわいそうな感じね。

ところで画伯、青木村の再飛翔はもう無いんでしょうか…
あと時々でいいから今井を思い出してあげてください。
一応3年ほど前まで板垣のライバルだった子です。



頼れるように見えてよくポカをやらかすおちゃめな
じじい・鴨川ですが、彼最大の失態は鷹村vsホーク戦で
鷹村のトサカをワセリンで直した事だと思います。
(いや、名シーンなんだけど…)(…)



名台詞も多い漫画ですが、個人的に

「猫は猫に負けるワケにはいかねえ」(鷹村)

を推しておく。



物語が1990年代で止まってるのも何か象徴的ですな!
今の日本ボクシング界はほら…珍妙な人たちが…。

一歩ブームが来てからちょっと動画探して某長男の
試合観てみたんです、けど。ね。予想より更に酷えぜ…!

ローブローってあんなに撃ってもいいんだ!とか…。
最近のボクシングって相撲の要素もあるんだ、とか…。
別に何も起きてない上に反撃してる、のにTKOだとか…?
いやあ…これは凄いな。寧ろTBSの良識が凄い。



でもまあ一歩は漫画だからね、と思いながら全盛期の
タイソンの動画観たら普通に鷹村越えた人間外で吹いた。

管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nisus.blog24.fc2.com/tb.php/92-ca717fb4
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。