ファンタジーアースファンタシースターユニバースファンタシースターオンライン日常など絵とか漫画とか昔の絵とか
よもやま話とかゲーム日記とか。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.04.07 Sat

Q8をクリアしました。今更だ!でも良く考えれば過去作も
発売と同時にプレイしたのは7くらいなんですよね自分。
4が一ヶ月遅れ。それ以外は結構時間経ってから。

いやー…PSUとか他色々を完全に放置して遊んでました。
楽しかったです。完全3Dでも当然の様にDQはDQ。

まあその楽しかった を前提として色々突っ込みどこは
有ったので突っ込んでおく。自分…そういう属性ですから…。

エンディングでえええええええ ってなった。トロデ王
もう少し根回しとかしといて下さいよ!何で力ずくなんすか!
華麗に戦ってる場合ではない!…ていうか戦えるのなら
戦って下さい普段から。ククール馬車に入れるから。



…とボヤいたのは数日前、○○○○リングを手にした
今の僕なら事を円満に… って一緒だー!結果一緒だー!

確かに最初から姫 「そんな事はどうでもいいYO」
ってゆってますが…これでは何の為にモヒカンの秘密を暴きに
行ったか分からない。そりゃあ主人公も普段着のままで
あの役職に就くよ。バンダナかよ。自由人すぎるよ。

というか主人公も顔だけキッ とか演技してないで
名乗り上げる とかして欲しいものですが、そこはDQ主人公
だし仕方ない所でしょうか。沈黙が奴らのルール。

チャゴスがどうだ、というより父王の方が微妙に駄目感溢れる
気がします。基本的に判断ぐだぐだですよ王。しっかり!



いやまあ…姫が幸せならいいんでしょうが。



RPGといえばラスボスですが。…可哀想だ。ぶわっ
プレイヤー的にはどう考えても路傍の石ころレベルの印象しか
残せませんでした。ラスボスとしてどうなんでしょうか。

実行犯は概ねド・ゲスな方だった上に復活してから
やった事と言えば城に引きこもったり 玉に引きこもったり
えーと 主に引きこもってましたね。思春期だったのでしょうか。
玉は飛ばしたりもしますね。玉が好きなんでしょうか。

あれだけ無駄に 頑張ってKONISHIKIボディ取り戻したのに
玉から出たら最後 よってたかってハイテンション★ですよ。
渡る世間はハイテンション。アチャー って顔して爆砕。

何が可哀想 って最後の顔があれなのが可哀想ですよ。
そういえばラスボスなのに捨て台詞言わせて貰えませんでした。



…と言うか最終決戦に至るまでのイベントが異常に
システマチックで気分が盛り上がりきらなかったのは問題だな!
ぶっちゃけ○ー○のくだりいらな… げっほ あの周辺だけ
ドラクエじゃないみたいだよ。いいから 戦 わ せ ろ

これまでのシリーズラスボスのウヘー まだ終わりじゃねーっ!?
(鼻血)…ていうサプライズ(予定調和だけど)が分解されて
展開に組み込まれちゃった感じ。打 ち 破 ら せ ろ

さあ、最終形態はどんなんかなー ってラスボス戦の間中
思ってたのは自分だけじゃない筈です。うん。逆にびっくりした…



賢者も何で○ー○と○○の○に意思分けてんの。ねえ何で。
揃うまでガン無視されるラスボスさんの気持ちにもなって!



最初はスライムに苦戦してた主人公がレベル上げて
いい装備を揃えて、暗黒神や魔王を相手に回しながら さーて
どっちが強いか決めようか。どーん!みたいなシンプルさが
欲しかったなあ…物語性とは両立しないのか。もや。



ゲルダとククールを取り替えたいんですが、どうしたらいいですか。
モリーでもいいです。…あ、トルネコとライアンはいりません。



最強ブーメランの名前にコーヒー吹きかけた。
(一部の人にしか分からないが)



キャプテン かっこわるい!2回行動で凍てつく波動で
頑張ってこっちの準備打ち消しながらちまちまとテンション溜めて
しんくうは とか。君なんて海賊じゃない!前作を見習え!
キャプテンハットぶち売りました。顔はかっこいいのに…

その次の○○o○と並んで凍てつく波動使いすぎコンビだよ…。
凍てつく波動ゆーたらラスボス用だろが!ほいほい使うな!

杖スキルとかしあわせの帽子のおかげで ドカドカ呪文
乱打してるザコ戦よりもボス戦の方が地味地味しい事実。
そんなにテンションあげ怖いのか!…じゃあテンションいらなくね。



ともあれラスボス倒したら裏ボスです。DQですからね。
ラスボス倒してそのまま行ったら天の祭壇でうっかり全滅しかけた
のでレベル上げて来ました。準備万端だ。さあいくぜ!

…と意気込んで挑んだら、○○王の攻撃は主に頭突きでした。

Oh…頭突き。なぜ頭突き。私はこれで○○族をシメたんじゃあ
とでも言わんばかりに頭突き。この頭突きこそ…○○の力…
でも戦闘最初に掛けたフバーハが空しいです頭突き王。

流石に○○族さえシメた頭突きの力はすさまじく、ゼシカが
死んだり生き返ったり忙しかった。と言うか女子供から狙うな王。



で、

「試練への参加を許そう」

一体何さまだよ王。こっちおいてけぼりだよ王。しょうがねえな王。



○○族の女子が獣耳に巫女服っていう特定層に大うけしそうな
見た目だったのは時代の流れ…という奴でしょうか。それとも
ぼくが大人になって 心が汚れてしまっただけでしょうか。

一人くらい持ち帰りたいです。ククールに任せるまでもない!
何…ミーティアがいるじゃない?それはそれ。これはこれ。(何が)



キャラの造形って言えば、登場人物が全員鳥山先生
キャラになっててさ。元々DQ世界はそういう世界なのでしょうが…
鳥山先生だからこそ のDQ世界なのでしょうが…あそこまで
鳥山キャラしかいないとトリゴンクエスト って感じでした。

いや…鳥山先生は偉大だと思う。が、今回に限って言えば
そこまで鳥山先生でなくていい と一寸だけ思った。一寸だけな。

いや勿論、DQなんだから鳥山絵とは似ても似つかないキャラとか
居られてもそれはそれで困るんですけど。うーん 難しいな。



「○○o○、○ー○○でなくていいよ…別に…」って言うのも
思考としては似たような物かもしれん。サービス過剰 というのか。

や、あの音楽はステキですけどね。



個人的に今回の演技賞は大司教だと思うのですがどうでしょう。
表情が一番豊かでしたよ。対抗馬は…ヤンガスかなやっぱ。
少なくともククールよりは大司教の方が演技上手かった。



大司教と言えば○○○o○ですね。…恥ずかしいほど
コンプレックス丸出しでしたね彼。皆の前で言うべきじゃない事まで
ちょう言ってましたね。或る意味まっすぐですね。○○騎士団
内部にあれ聞いてアチャーってなる人はいなかったのか。

…いなかったのだろう。そこが彼にとって一番哀しい所かもしれぬ。
ド○○○○といい彼といい、誰にもすがれなかった寂しい心と
最後まで手下の一人もいない一人ぼっちの○○○ー○。



悲しいなあ 悲しいなあ。



主人公パーティーのほうも何というか…、いつもより理解者が
少なかったような印象ですし。今回の話は暗闘 って感じですね。



結論としてはヤンガス=アイドル。

管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://nisus.blog24.fc2.com/tb.php/65-027ff043
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。